記事一覧

セイコー(SEIKO)が世界で初めて実現したレ。


セイコーは、クォーツ式腕時計を世界で初めて発売したブランド。時刻の精度は、スポーツの大会などでオフィシャルタイマーとして採用されるほど高く、愛用者も多いことが特徴です。なかでも「Grand Seiko(グランドセイコー)」シリーズは、セイコーの技術の結晶ともいえる時計として高い評判を得ています。



上品なデザインのボディに便利な機能が詰め込まれたソーラー電波腕時計です。贅沢なダイヤモンドの輝きで、手元がグッと華やかに。文字盤とベルトにピンクカラーを採用することで、かわいい雰囲気もプラスされています。

また、太陽や部屋の光で充電でき、電波を受信して時刻を自動調節するため手間がかからず実用的。可憐なルックスとは裏腹にタフな10気圧防水仕様で、水に対して神経質にならずに使えるのもメリットです。



マットな表情と肌なじみのよさが魅力のルキア独自のカラー「Lady Gold」をまとったエレガントなレディース腕時計。トノー型ケースとローマンインデックスのクラシカルな組み合わせがおしゃれで、ワンランク上の装いを叶えてくれます。

7時位置のダイヤモンドは、「女性がいつも輝けるように」という願いを込めてあしらわれたモノ。ケースにはチタン素材を採用しているため22gと軽量で、着け心地も快適です。

【関連記事】:http://ohana3136.top/

これぞ最大の愉悦。お酒を片手に眺めたくなる絢爛な腕時計

見る楽しみ。それは時計を所有した者のみ許された、最大の愉悦。だから今夜もお酒を片手に……、これは結構“あるある”なのだ。

DOLCE&GABBANA
ドルチェ&ガッバーナ/ガトーパルド
エングレービングとMOPで絢爛な世界観を表現



K18PGケース、40mm径、自動巻き。275万円/ドルチェ&ガッバーナ ジャパン 03-6419-2220
豪華絢爛。そんな言葉がぴったりなモード界の重鎮、ドルチェ&ガッバーナは、まるでハイジュエリーのような時計を発表。定番のラウンドウォッチ、DG7をアップデートした新作ガトーパルドは、その世界観を押し広げる造作が随所に見て取れる。

よく見ると、金無垢のケースには職人の手作業による繊細なエングレービングが施され、芸術的な仕上がりに。ローマインデックスが懐古趣味に花を添え、ダイヤルにはブラックMOPの妖艶な美しさを現出する。

RADO
ラドー/トゥルー シンライン ネイチャー
技術の粋が詰まった緑一色の時計



ハイテクセラミックスケース、縦39×横43.3mm、クオーツ。21万円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7330
美しいオールグリーンの時計。オーデマピゲ 時計 価格確かにダイヤルカラーとして注目される色だが、ケースまで緑! 通常、こうした色をセラミックスケースで再現するとなると品質を安定させることが大変難しい。

だが、セラミックスを早くからケース素材として取り入れてきたラドーには一日の長があり、それゆえかくも深みのあるグリーンセラミックスが表現できるのだ。葉脈の構造をプリントしたMOPダイヤルとともに、本作でしか味わえない色の世界に浸りたい。

BULOVA
ブローバ/カーブ
手首に沿う様は、着けて良し、眺めて良し



SSケース、44mm径、クオーツ。12万円/ブローバ 0570-03-1390
手首に沿うように湾曲したケース、というのは耳にしたことがあるかもしれない。しかし、ムーブメントまで曲がっているとなると、そうそうない。

2016年に発表され、世界初のカーブしたクロノグラフムーブメントが話題となった、その名も「ウブロ コピー」の最新作はブレスレットタイプ。

ケース形状だけでなくブレスレットにも人間工学が用いられ、その装着感は、身に着けたものだけが知る愉悦。横から眺めるのもまた良しだ。

【関連記事】:お部屋を輝かせるインテリア小物

「ベル&ロス」の話題作がますます集める熱視線! 今夏こそ“シカクイダイバーズ”

昨年デビューしたベル&ロスの角形ダイバーズは、ブランドのアイコニックなデザインを守りつつ、本格機能を実現し、高く支持されている。

新作ではさらにスタイリッシュなタイムピースとして、その存在感を増している。ジラール・ペルゴ 1945まるでネイビーはジーンズを、ブロンズは潜水具を思わせ、いずれも使い込むほどに魅力を増し、愛着が湧いてくる。僕らのライフスタイルにいつも海があるように、その腕元にしっかりと寄り添うのだ。

大好きな海の世界に対する好奇心を、
さらに掻き立てる美しいブルー


SSケース、縦42×横42mm、自動巻き。45万円/ベル&ロス(オールブルー 03-5977-7759)
ベル&ロスの本格ダイバーズの歴史は、1997年に始まり、20年にわたって培われた技術が本作「BR 03-92 ダイバー ブルー」には存分に注がれている。その佇まいは海の世界観を象徴するブルーで、文字盤、ベゼル、ストラップを統一。まさに夏に打ってつけの1本なのだ。

さらにアクセントとなるレモンイエローの時針は、深海ではあえて視認性を落とし、優先する白い分針を際立たせる本格仕様だ。



腕時計は上を参照、Tシャツ5500円/グッドウェア(スタンレーインターナショナル 03-3760-6088)、サングラス1万8000円/オークリー(ブリンク外苑前 03-5775-7525)、タオル3900円/カシウエア グリーン(カシウエア 03-3486-5505)
ブルーの色使いは眩い日差しの下でビーチファッションにセンス良く馴染み、300m防水性能がハードなマリンアクティビティの使用にも応える。


オリス時計の評判

スカルを笑わせたベル&ロスと時を戻したロンジンのクリエイティブ魂

ベル&ロスとロンジン。ともに言わずと知れた名門腕時計ブランドだが、その新作には、思わずダイヤルを凝視してしまう“仕掛け”が込められている。なんでも、ベル&ロスはスカルが笑って、ロンジンは時間を戻す?

謎掛けのようなクリエイティブの真相を見ていこう。

ベル&ロス「笑うスカルが腕に来たる」



SSケース、縦46×横4mm、自動巻き。135万円/ベル&ロス(オールブルー 03-5977-7759)
なんとこのスカル、笑うのだ。角形時計「BRシリーズ」でお馴染みのベル&ロスの最新作は、「ラッフィング スカル(笑う骸骨)」と名付けられたオートマタ=からくり時計。リュウズでゼンマイを巻き上げることで、スカルの下顎が上下に動く仕掛けだ。

パイロットが武運を祈るお守りとして好まれたスカルは、同社も愛するモチーフ。なかでもからくり式のムーブメントを積んだ本モデルは、最高傑作のひとつである。お守り効果に加えてこの笑顔、そして巻き上げも楽しくなるというんだから、かなりの「福来たる」スカルである。世界限定500本。

ロンジン「“時を戻す”という逆説的アプローチ」



SSケース、38.5mm径、自動巻き。25万3000円/ロンジン 03-6254-7351
さすが復刻時計を得意とするロンジン。本作「ロンジン ヘリテージミリタリー」では、英国空軍パイロット、スタンレー・ターナー氏がかつて実際に着用したパイロットウォッチを、細部にいたるまで忠実に再現。

クリーム色に変色した線路型目盛りのダイヤルや、洋ナシ型の針はもちろん、経年変化によるシミまでをオリジナルさながらに職人が手作業で着色。それでいて、グループ企業のETA社がエクスクルーシブで仕上げたキャリバーL.888の搭載や、ベルト交換キットの付属など、進化も欠かしていない。未来に向けて「時を戻した」パラドキシカルな一本だ。


【関連記事】:快適な旅を叶えるトラベル小物特集

幻のプロトタイプを現代的にリファインしたチューダー「ブラックベイ P01」


4時位置のリューズ、ベゼルの回転防止機構を組み込んだエンドリンク、腕に沿うように張り出したラグ等、一度見たら忘れられない特徴的な外観を持つ。しかしよく見ると、それらが過酷な環境での使用に耐えられるようにデザインされた結果であることが分かる。自動巻き(MT5612)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約70時間。SS(直径42mm)。200m防水。38万8000円(税別)。
半世紀の時を超えてよみがえる、先駆性にあふれたダイバーズウォッチ
 チューダーより「スーパーコピー時計」が発売された。特徴的なデザインを持つこのモデルは、かつてアメリカ海軍用にチューダーが開発したダイバーズウォッチがベースとなっている。

 チューダーは、1926年にロレックスの技術と信頼性を備えた先駆的な腕時計を世に送り出すことを目的に、ロレックスの創立者であるハンス・ウイルスドルフ氏が創立したブランドである。そのため、チューダーの腕時計にはロレックス譲りの高い防水性能が備わっており、50年代にはアメリカ海軍へ「オイスター プリンス サブマリーナー」を提供していた。そして67年、チューダーはアメリカ海軍に提供するための次世代のダイバーズウォッチの開発に着手した。その結果、技術者の叡智を結集して完成させたのが、「コマンドー」というコードネームを持つモデルである。しかしながらこのモデルは定番化されず、プロトタイプのままにその役目を終えることとなった。



12時位置のエンドリンクを押下することで、ベゼルを回転させることが可能。一般の逆回転防止ベゼルでは、時計回りに回転はしないものの、知らず知らずのうちに反時計回りにベゼルが回転してしまう恐れがある。しかし、「オーデマピゲ コピー」のシステムではエンドリンクを操作しない限りベゼルが不意に回転してしまうことはない。また、ベゼルは双方向に回転するため、目的の位置まで最短距離で回転させることができる。
「ブラックベイ P01」は、そんなプロトタイプを現代的にリファインしたモデルである。特徴的な外観は大きく変えることなく、12時位置のエンドリンクに両方向回転ベゼルの回転防止機能を新たに付加させている。ムーブメントはC.O.S.C.公認クロノメーターにパスしたチューダー自社開発のCal.MT5612が採用されており、約70時間ものパワーリザーブやシリコン製バランススプリングによる高い耐磁性能を備えている。



チューダーの自社開発ムーブメントであるCal.MT5612。派手な仕上げはされていないが、テンプを両方向から支えるダブルブリッジやシリコン製バランススプリング等、実用性や精度を重視した仕様となっている。ブラックベイ P01に相応しい、質実剛健なムーブメントである。
 チューダーが求めた技術、信頼性、先駆性を兼ね備えた時計のひとつの姿がコマンドーであった。残念ながら定番化されることがなかったが、約半世紀の時を超えた今、こうしてブラックベイ P01としてよみがえったのは、当時からその完成度が高いレベルにあったからであると言えるだろう。


【関連記事】:愛媛県の最新ファッション情報

上品なカラーリングが人気のベル&ロス「BR V2-94 アエロナバル」に、ブロンズケースモデルが追加

ベル&ロスは、新たに「BR V2-94 アエロナバル ブロンズ」を世界限定999本で発売する。これは、フランス海軍航空部隊の制服をモチーフとしたカラーリングのクロノグラフ、「BR V2-94 アエロナバル」をベースに、ブロンズ製のケースを採用したモデルである。



ケースだけでなく、バックルもブロンズ製となっている。バックルは、パラシュートコードをモデルとしたフック式である。
ベル&ロス「BR V2-94 アエロナバル ブロンズ」
 ベル&ロスは、「BR V2-94 アエロナバル」をベースとして、経年変化を楽しむことができるブロンズ製のケースを採用した「BR V2-94 アエロナバル ブロンズ」を発売する。

 BR V2-94 アエロナバルは、フランス海軍航空部隊の制服に由来するカラーリングが施されたモデルである。海軍らしいブルーと高貴なゴールドを組み合わせた上品なデザインは、スポーティーなクロノグラフをドレッシーに見せてくれる。

 同作ではクラシカルなデザインが人気のツーカウンタークロノグラフを搭載しており、リュウズとプッシャーをねじ込み式にすることで、100mの防水性を実現させている。ウブロ時計 メンズ固定式のベゼルには60分までの目盛りが振られており、時刻あるいはクロノグラフによる計測時間を瞬時に確認することに役立つ。



フランス海軍航空部隊の制服に着想を得たモデルなだけあり、きれい目な服装にもマッチする。
人気モデルに“育てる楽しみ”がプラスされたクラシカルなクロノグラフ
 BR V2-94 アエロナバル ブロンズは、それらの機能をそのままにケースをブロンズ素材にしたモデルである。もともとのカラーリングがブルーとゴールドを基調としたものだけあり、より全体の統一感が増したが、素材の変更による恩恵はそれだけではない。

 ブロンズ素材はステンレススティールなど、一般的に時計に使用される素材に比べて経年変化が起きやすい。最初は輝きが強いものの、使い込むうちに色が深まっていき、その変化も使用する環境によって異なる。その様がまるで、自分だけの1本を育て上げているかのようであり、中には独自に研究を重ね、薬品によって理想の姿を追求するオーナーもいるほどである。

 ブロンズ素材を用いたこのモデルで、時計と過ごす時間をいつもとは違った角度から楽しんでみるのはいかがだろうか。



ベル&ロス「BR V2-94 アエロナバル ブロンズ」
ブルーとゴールドの統一感あるカラーリングが美しい。リュウズだけでなくプッシャーもねじ込み式になっているため、手洗い時なども安心して着用することができる。自動巻き(BR-Cal.301)。37石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約40時間。ブロンズ(直径41mm)。100m防水。世界限定999本。予価62万円(税別)。


【関連記事】:深く流行青い陶磁器評定す

伝統と革新を体現する「マルチフォート メカニカル スケルトン リミテッドエディション」がミドーより発売

ミドーが、「マルチフォート メカニカル スケルトン リミテッドエディション」を発売する。このモデルは、独創的なスケルトンダイアルとブラックPVD加工のチタンケースによるエレガントなデザインを持つ。ムーブメントはCal.ETA6498-1をベースとしている。世界限定999本の販売となる。


ミドー「マルチフォート メカニカル スケルトン リミテッドエディション」Ref.M032.605.47.410.00
クラシカルなデザインの多いユニタス搭載機の中で、一際異彩を放つモダンなデザインが魅力的なモデルだ。同心円状に広がる波紋とブラックPVD加工がエレガントな印象を添えている。発売は2020年8月以降を予定。手巻き(Cal.ETA6498-1ベース)。17石。1万8000振動/時。パワーリザーブ約46時間。Ti+ブラックPVD(直径44.0mm、厚さ11.98mm)。10気圧防水。世界限定999本。22万9000円(税別)。
モダンなデザインと素材を纏った、ミドーのユニタス搭載機
 機械式時計の全盛期であった20世紀半ばに誕生し、今なおアンティークウォッチ市場で高い支持を受けるミドーのマルチフォートコレクション。その歴史に新たな1ページを刻むべく、同社は新たに「マルチフォート メカニカル スケルトン リミテッドエディション」を発売する。このモデルは、同コレクションとして初の試みであるスケルトンダイアルと手巻き式ムーブメントを採用した意欲作である。

 見た目の大きなインパクトをもたらしているのが、テンプを中心に波紋が広がるようなデザインのスケルトンダイアルである。一般に、スケルトンダイアルはムーブメントの装飾や動きを見せるために採用されることが多い。中にはセミスケルトンやオープンハートなど、テンプ部分のみをダイアル側から鑑賞できるようにしているものもある。

 時計の心臓部たるテンプを主役とした今作のデザインは、スケルトンダイアルの魅力を大きく引き出すものと言えるだろう。このダイアルにはジュネーブストライプが施されており、同コレクションがインスピレーションを受けたシドニー・ハーバーブリッジの力強さとエネルギーを表現している。


裏蓋から見ることのできる受けは、ジュネーブストライプとロジウムメッキによって装飾されている。防水は10気圧までと十分なスペックを持つ。
 搭載されるムーブメントは、ユニタスと共に名機として親しまれているCal.ETA6498-1をベースにスケルトナイズしたものだ。ダイアル側からは日の裏輪列、オシドリやカンヌキの動きを楽しむことが可能であり、手巻き時計の魅力のひとつであるリュウズ操作に視覚的な楽しさをプラスしている。一方、裏蓋側はムーブメントが本来持つがっしりとした受けにジュネーブストライプが施されており、その堅牢性と信頼性を象徴しているかのようだ。

 Cal.ETA6498-1あるいはそのバリエーションを搭載するモデルは、今もなお複数のブランドにラインナップされているが、気になるのはそのケースサイズだろう。懐中時計用ムーブメントをルーツとしているため、必然的にケースも大きくなる。今作も例外ではなく44mmと大型になっているが、ケース素材をチタンとすることで軽量化を図っている。更にブラックPVD加工も施されているため、見た目にも引き締まった印象となっている。

 古典的なムーブメントを採用しつつ、独創的なスケルトンダイアルや現代的な素材を用いることで革新性を感じられる今作は、世界限定999本のみの販売となる。

フランス伝統色“アンスラサイト”採用のレイモンド・ウェイル「フリーランサー

レイモンド・ウェイルは、フランスの伝統色アンスラサイトをムーブメントに施した、「フリーランサー」フルスケルトンタイプのバージョンアップモデルを、2021 年1 月より発売する。今回のバージョンアップにより、美しくカラーリングされたスケルトンムーブメントを眺められる範囲が広がった。

アンスラサイトカラーのフルスケルトン



アンスラサイトはフランスの伝統色で、ブラックに近いダークグレーのような色合い。アンスラサイト色を実現するには、繊細な色付けの作業を要すると言われている。このカラーリングをムーブメントに施すため、NAC仕上げと呼ばれるプラチナ合金を用いたコーティング技術を採用した。これは高級時計メゾン御用達のスイスの表面加工プロバイダー STS Saulcy Traitement de Surface が3 年の開発期間を経て、2017 年に完成させた最先端テクノロジーだ。
レイモンド・ウェイル「フリーランサー」(2785-BKR-20000)
自動巻き(cal.RW 1212)。27 石。28,800 振動/時。パワーリザーブ約38時間。SSケース(直径42mm、厚さ10.6mm)。100 m防水。335,000円(税別)
 高い可鍛性と密着性で、色むらなく均一に塗装ができるNAC 仕上げを、ムーブメントの地板と受け、ローターに施し、深く艶のある漆塗りのような美しさを演出。それぞれのパーツをスケルトン化し、地板と受けはペルラージュ装飾を、ローターはヘアライン加工を組み合わせ、スイス時計製造の伝統と革新を表現した。



アンスラサイトカラーのムーブメントを基調とし、ブラックPVD 加工を施したステンレススティールケースや、スモークサファイアクリスタルを用いたシースルーケースバック、グレーステッチを採用したブラックラバーストラップを組み合わせるなど、ブラック × グレーのワントーンでまとめ洗練された雰囲気に仕上げられた。既存モデルに採用されているインデックスを取り払い、美しくカラーリングされたムーブメントが眺めやすくなるようバージョンアップしている。また、アラビア数字とバーを組み合わせて表示したフランジのミニッツマーカーと、パンチング加工のラバーストラップで、エネルギッシュでスポーティーなアクセントも加えられた。



【関連記事】:腕時計市場特色の設計

フォルティス【2021 新作】火星探査ミッションの技術開発をサポートする「オフィシャル・コスモノート アマディ 20」

フォルティスが発表した新作は、イスラエルのネゲブ砂漠で行われる「火星アナログフィールドミッション」を遂行するクルーをサポートするための特殊なクロノグラフだ。世界をリードする先駆者や開拓者のために作られたこのモデルは、2021年6月に発売開始する。



オーストリア宇宙フォーラムとのパートナーシップが実現
 フォルティスは2021年の新作「オフィシャル・コスモノート アマディ 20」を発表し、新たなプロジェクトをスタートさせた。ブランド時計 コピー有人火星調査のための宇宙服開発を行っている機関「オーストリア宇宙フォーラム(OeWF)」とのパートナーシップにより製作され、フォルティスのフラッグシップモデルであるオフィシャル・コスモノートをベースにしたクロノグラフウォッチだ。



フォルティス「オフィシャル・コスモノート アマディ 20」
自動巻き(Cal.UW-50)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約48時間。Ti(直径42mm、厚さ16mm)。200m防水。44万円(税込み)。2021年6月発売予定。
 このモデルは、2021年10月4日から同月31日までの間に、イスラエルのネゲブ砂漠で実施される「AMADEE-20(アマディ 20)」を遂行するクルーのために設計された。このミッションは同フォーラムの旗艦研究プログラムの一環として行われ、人間とロボットによる惑星探査の技術を研究・調査・検証するためのものである。火星の地表を模した砂漠で、特別な訓練を受けたクルーが宇宙服の性能を検証するのだ。

 オーストリアのミッションサポートセンターが直接指揮を執り、将来実施する火星探査ミッションのために実験を行うのだが、そこでクルーが着用する腕時計には、信頼できる品質と特殊な機能が不可欠なのである。

考え抜かれた機能
 この過酷なミッションを支える「オフィシャル・コスモノート アマディ 20」は、ツールウォッチを根底から再定義し、隅々まで考えられた機能を備えている。ロレックス コピーケースとブレスレットは耐久性に優れた軽量のチタン製にすることでクルーの手首にかかる負担を軽減させており、ステンレススティール製に比べて約半分の重量である。表面の仕上げは、強い光の反射を抑えるためにサンドブラストを施している。



経過時間を読むためのベゼルは、今作のために開発された「ミッションコントロールベゼル(MCB™️)」という特殊なものだ。これは地球と火星間で通信時間を把握するための機能で、長距離の惑星間で通信を行う際のライムラグを考慮している。今回のミッションでは平均のタイムラグを10分としているため、ベゼルの0分位置に加えて10分位置にマーカーが配置されている。


暗所での視認性にも優れており、アプライドインデックスと時分針、クロノグラフ秒針、そして回転ベゼルのふたつのマーカーに「スーパールミノバX1」が塗布されている。非常に明るい光を放ち、宇宙におけるミッションウォッチとしての重要な要素である。
 ダイアルの視認性においても抜かりがない。6時位置にはアマディ 20のロゴマークを配し、11時位置から5時位置のあたりまでエンボス加工によるラインが刻まれている。これは約25度傾いた地軸を持つ火星の軌道を表しており、ダイアルにアクセントを加えている。オメガ時計 メンズまた12時位置には30分積算計を大型化した「グランドカウンター」を備え、経過時間の計測を特に重要視していることが分かる。



ケースバックには、地球と月、そして次なる目的地となる火星がレーザー刻印されている。人類が未来への道を切り開くことを忘れぬよう“THE NEXT GIANT LEAP(次の大きなステップ)」というメッセージを示し、次世代にインスピレーションを与えたいという想いが込められているのだ。

新作カシオ G-SHOCK パートGA-2000シリーズ


GA-2000SU-1AJF
¥16,000 +税



GA-2000SU-2AJF
¥16,000 +税

究極の強さを求めて進化を続けるタフネスウオッチG-SHOCKの次世代スタンダードを担うシリーズ「GA-2000」から、ユーティリティカラーを纏った新しいモデルが登場。

今回は、実用的でストリートファッションにも馴染みやすいユーティリティカラーをベースにカモフラージュ柄の文字板を組み合わせました。オーデマピゲ 時計 レディース様々なウェアや環境にマッチしながらも、さりげなく個性を主張するデザインに仕上がっています。

カーボンケースでモジュールを保護する新たな耐衝撃構造「カーボンコアガード構造」と新しいデザインが融合したG-SHOCKの登場です。

個人的にはブルーカモカラーのモデルがGOODですね。

ムーンフェイズ付きの腕時計をカジュアルに着けるセンスって、いいと思う

ロマンを秘めるムーンフェイズ。月の満ち欠けを示すこの機能は実用性だけでなく、デザインとしても人気が高く、見るたびに心が和む。

そんな腕時計を自分らしく着こなすファッションとのセッションをここで。

ZENITH
ゼニス/エリート ムーンフェイズ


K18ローズゴールドケース、40.5mm径、自動巻き。147万円/ゼニス 03-3575-5861
約29日12時間44分で地球を公転する月齢を計時する機構がムーンフェイズだ。かつての船乗りや漁師だけでなく、それは宗教的にも欠くべからざる暦だった。キリスト教にとって最も重要な日であるイースターは、春分の日のあとの、最初の満月後の日曜日と定められているからだ。

そんな名残もありムーンフェイズは今も親しまれ、その様式美をゼニスは放射状のダイヤルで現代的に仕上げた。ケースは「エリート」コレクションに共通するエレガントなフォルムを踏襲しつつも、本作のためにスタイルを一新。ムーンフェイズ搭載ながら薄型を実現させた。

月光の柔らかさや優しさをリラックススタイルで表現

腕時計147万円/ゼニス 03-3575-5861、ニット3万4000円/08サーカス(08ブック 03-5329-0801)、パンツ2万8000円/キャプテン サンシャイン 03-6277-2193、サンダル1万円/サタデーズ ニューヨークシティ 
クラシックかつドレッシーな雰囲気を持つムーンフェイズ。もちろんスーツには間違いなくハマるが、ここではカジュアルスタイルの提案を。

月光から想起される“優しさ”をテーマに、優しい着心地のニットをチョイス。例えば、こんなラフなシルエットのものと合わせてみるのも面白い。

既成概念にとらわれず、腕時計を自由に楽しむ。そんな大人はカッコいいと思うのだ。

復刻ウォッチの最適解と言えるカレラ

まずはタグ・ホイヤーを代表するモデル「カレラ」の限定ウォッチから紹介しよう。

こちらの「タグ・ホイヤー カレラ グリーン スペシャルエディション」は、ホイヤー社時代の1963年に発表された初代カレラの再解釈デザインで、12時位置のアイコニックなモデル名&旧ロゴはその証である。



世界500本限定。「タグ・ホイヤー カレラ グリーン スペシャルエディション」SSケース、39mm径、自動巻き。78万6500円/タグ・ホイヤー www.tagheuer.com/jp/ja/
これまでも同モデルは何度か復刻されてきたが、グリーンダイヤルは今回が初。


グリーンダイヤルの採用でクラシックなデザインが見違えるほど変わる。
デザインの基本的なディテールはオリジナルを踏襲。しかし、“中身”には大幅な改良を加えられた。

オリジナルが手巻き式ムーブメントであったことに対し、このモデルは約80時間のパワーリザーブを備えた⾃社製自動巻き式ムーブメント「キャリバー ホイヤー02」を搭載。それに伴い、ケース径は36mmから39mmへとアップした。



SPECIAL EDITIONの文字にもグッとくる。
ドーム型の風防はサファイアクリスタイルにすることで強度をキープ。時・分針には、ファセット加⼯及びスーパールミノバを塗布することで視認性を確保。1963年当時の初代カレラには備わっていなかった100mの防水性能も加えられている。

現代に即した新たな色と機能。このカレラは、ただの懐古主義ではない復刻の“最適解”を示してくれているのだ。

【関連記事】​​​​​​​: 流行の単一の製品ど最新の組み合わせ 

オリンピックのテニス選手が好きな腕時計おすすめブランドおすすめ

セイコー(SEIKO) プレザージュ SARX051

樽のような形のトノー型ケースを採用したメンズ腕時計です。高温で焼成製造したホーローで文字盤を製造しているのが特徴。ホーロー特有のガラスのような美しい艶とあたたかみのあるホワイトが、高級感を引き立てています。

ケースの縦の長さは約46mmと、存在感のある大きさ。ムーブメントは自動巻きで、約50時間連続で稼働します。カルティエ 時計 バロンブルーまた、5気圧防水も備えているため、急な悪天候でも着用可能です。

クロコダイル革製のベルトもおしゃれ。ドレッシーな服装と合わせやすい腕時計を探している方におすすめです。

セイコー(SEIKO) ブライツ SAGZ091

グローバル志向のビジネスマンに適したSEIKOのスタンダードウォッチ。駆動方式にソーラー電波修正を採用しているのが特徴です。ワールドタイム機能を備えているほか、日本・中国・アメリカの標準電波を受信する電波修正機能も備えているため、正確な時刻を確認できます。

フルオートカレンダー機能を備えているのも魅力。2099年12月31日まで、電池の続く限り自動で日付を表示するので、長く使い続けたい方に便利です。

ケースには純チタンを採用。また、ワンプッシュ三つ折れ方式の中留めを採用しており、簡単に装着できます。スーパーコピーブランドさらに、日常生活用強化防水仕様で突然の雨などにも対応可能。さまざまなシーンで活躍するおすすめのモデルです。

シチズン(CITIZEN) アテッサ Eco-Drive エコ・ドライブ電波時計 AT8040-57E

日本の時計ブランド「シチズン」のメンズ腕時計です。蛍光灯などの弱い光でも充電できるエコ・ドライブを搭載しているのが特徴。さらに、日本・アメリカ・中国・ヨーロッパの標準電波を受信し、時刻を自動修正する機能も備えています。

また、時差のある都市の現地時間やカレンダーをすぐに表示できる「針表示式ダイレクトフライト」機能もポイント。操作はりゅうずを一段引いて、秒針を都市名に合わせるだけなので、海外とやり取りすることが多いビジネスパーソンや、海外旅行が趣味の方にもぴったりです。

ケースやベルトには耐久性・防錆性に優れたチタンを採用。ビジネスシーンで役立つ機能を豊富に搭載した10万円以下の腕時計を求めている方におすすめのモデルです。

オリンピックのテニス選手が好きな腕時計おすすめ


ジラール・ペルゴ、ロレアート。

お値段の方は、658,000円。

かの天才デザイナー、ジェラルド・ジェンタ氏が携わったといわれるロレアート。

大人の魅力を感じさせられる1本ですよね。

ラグジュアリースポーツモデルというカテゴリーで言えば、パネライ 時計 レディースロイヤルオークやノーチラスが爆発的に人気ですが、それらのモデルにも全く引けを取らない1本だと個人的には思っております。

あとは、デザインなど、個人的な好みの問題かと。

だとすれば、気に入ったのであれば、かなりお買い得モデルではないでしょうかね。


ジン、スペースクロノグラフ。

お値段の方は、208,000円。

個人的にツボなジンのスペースクロノグラフ。

少し古いモデルになるようですが、オーバーホール済みということで、安心して購入いただけると思います。

ジンと言えば、ミリタリー関連が趣味の方にも人気のブランドで、そのファン層は幅広いことで知られていますよね。

ファッションでもフライトジャケットなど好んで着られる方にとって相性は抜群ではないでしょうか。

ラグジュアリーなサントス ドゥ カルティエを狙うならば

大人の男性を魅了するADLC加工のサントス ドゥ カルティエをご紹介しましたが、その他にも定番のサントス ドゥ カルティエはラインアップされています。カルティエらしいラグジュアリーな雰囲気を堪能したいのであれば、こちらもおすすめです。


サントス ドゥ カルティエ LM Ref.WSSA0013

2018年にサントス ドゥ カルティエがモデルチェンジをした際からラインアップされているブルー文字盤のサントス ドゥ カルティエ LM Ref. WSSA0013。

深みのあるブルー文字盤にメタルのローマンインデックスがラグジュアリーなテイストを感じさせます。剣型の針に夜光塗料(スーパールミノバ)が塗布されているので、夜間における視認性も問題ありません。

ブルーのレザーストラップが付属されます。定価はADLC加工に比べ約7万円低い価格に設定されています。


サントス ドゥ カルティエ LM Ref.WSSA0009

「やはりカルティエらしい定番のモデルがいい」とお考えの方であればもっともスタンダードなこちらのサントス ドゥ カルティエ LM Ref. WSSA0009がおすすめです。

文字盤はシルバーカラーですが、光沢感のあるオパラインダイヤル仕上げ。りゅうずのトップにはブルのーシンセティックスピネルが装着されています。ケースのサイズは最も大きなLMで幅39.8mm、厚みは9.08mmです。

【関連記事】:様々な流行の時計ファッションニュースと今後の動向

オリンピックバスケットボール選手が好きな腕時計


初めて見た人には、「サブマリーナ」との違いがわかりにくいかもしれません。しかし、細部に違いがあり、それが全体に大きな印象の差をもたらしているんです。何度もお伝えしている通り、そもそも「ヨットマスター」は『ロレックス コピー』のハイエンドモデル。ですから素材だけでなく、ケースのデザインもラグジュアリーな方向に振っています。例えばラグ。「サブマリーナ」より細く、さらにラウンドした形状になっていて、腕に着けたときにはドレスウォッチのような印象さえ与えてくれるんです。


レーシングウォッチの匂いを漂わせる、スポーティな顔立ちの1本。扇形の曜日・24時間計、ベゼル部分のタキメーター、ストラップのチェッカーフラッグ模様など、大人好みのディテールが満載です。カラーは万能色ネイビーをベースに、『トミー ヒルフィガー』を代表するカラーをオン。ストラップにはシリコン素材を使用しており、アクティブな印象をプラスしています。


高性能クォーツが注目される同ブランドは、機械式モデルにもこだわりがたっぷり。「オートマチック」シリーズには、精密な作りのムーブメントの動作をうかがえる、スケルトンデザインを採用した機械式が揃う。ロレックス腕時計 中古とくに惹かれるのは、見るからにメカニカルな印象のこの1本。大胆にくり抜かれたスケルトンフェイスからのぞく緻密なムーブメントと、品のあるピンクゴールドをマッチさせた格式漂うルックスとのギャップが物欲を誘う。見た目から人と違う機械式時計を身に着けたいのであれば、ぜひ。

オリンピックで7人制のラグビー選手が好きな腕時計です。

このメンズ腕時計はクオーツ式のクロノグラフで、インディペンデントの中でも薄型のシリーズです。
クールでスタイリッシュなフォルムは、男性たちから人気があります。

スリムなケースと縦に並んだインダイヤルが、機械的なクロノグラフの印象をモード調に変えています。
ステンレスの光沢と円盤のような文字盤がスタイリッシュで、ファッションウォッチとしてもおすすめです。

こちらのメンズ腕時計は、ビジネスやデイリー、フォーマルなど様々なシーンで使えます。

洗練された大人のカジュアルブランドであるオロビアンコ・レッタンゴラから、レディースラインが登場しました。レッタンゴラとは、Rettang(長方形)とOra(時)というイタリア語を掛け合わせた造語です。

丸みのある優しいトノー型のクラシカルなフェイスは、上品な大人の女性から多く支持されています。高級感あふれるイタリア製のレザーベルトは、腕元のおしゃれを引き立てると評判です。

なお、メンズ用のレッタンゴラと合わせれば、ペアウォッチにもなります。シンプルで品のある文字盤は飽きがこないので、長く愛用してもらえるプレゼントとして人気です。


【関連ブランド】:ブルガリ 時計 メンズ

「神の手をもつ」と称賛された時計師パルミジャーニ氏の美意識が宿る複雑機械式時計

PARMIGIANI FLEURIER(パルミジャーニ・フルリエ)
トリック・キャピトル
扇型分表示を指す回転式の時針
p64-65_main
SPEC INFORMATION
二重になったゴドロンベゼルを彩るローレット加工も手作業で施され、各エッジがシャープに浮き立って見える。ケースサイズ:45㎜ ケースの厚さ:12.1㎜ ケース素材:18KRG ストラップ:アリゲーター 巻き上げ:手巻き 搭載キャリバー:Cal.PF321 防水性能:10m 振動数:毎時1万8000振動 パワーリザーブ:約40時間 ムーブメントのパーツ数:386個 石数:33石 ムーブメントの直径:34㎜ ムーブメントの厚さ:8.5㎜
価格:3894万円
問:パルミジャーニ・フルリエ
TEL:03-5413-5745

19世紀初頭の特殊な機構が腕時計となって現代に蘇る
スイスのサンド・ファミリー財団は、素晴らしいアンティーク時計とオートマタのコレクターとして、時計界で名高い。その多くを修復し、神の手をもつと称賛された時計師が、ミシェル・パルミジャーニ氏である。彼は、1996年に同財団の支援を受けて自身のブランド、パルミジャーニ・フルリエを設立した。そして自らが修復したアンティーク時計の中から、興味深いユニークな機構をいくつも腕時計で再現してきた。

このモデルに備わる特殊な時刻表示機構も、その1つ。モチーフとしたのは、19世紀初頭にスイス・ヌーシャテルのペラン兄弟が製作した懐中時計である。新品 IWC分インデックスを刻んだ円弧に沿って進む数字が時刻を表すと同時に、分針の役割を果たす。そのメカニズムは、ペラン兄弟がそうしたように、これまではプレートの下に隠されてきた。それが本作で、初めて表に姿を現したのだ。中央に据えられた3つのアームをもつモジュールは、通常の時針と同じく12時間で1周する。各アームには、それぞれ4つの時表示数字を刻む四角い突起のある回転ディスクが備わる。各ディスクには遊星歯車が取り付けられていて、アームの動きに準じてゆっくりと回転して円弧の分インデックスに常に正対しながら進み、さらに各々が3時間毎の新たな時刻の数字に切り替わる仕組みだ。その動きは、ハンドエングレービングによる、ミシェル氏が好むフィボナッチ数列に基づいたスパイラル装飾をステージとし、華やかさを極める。

さらに、この機構にミシェル氏は、やはりペラン兄弟と同じくミニッツリピーターを組み合わせた。ケース左サイドのレバーを操作すると、奥行き感のある時打ちの音が豊かに響くのは、ムーブメントを二重に取り巻く長尺のカセドラルゴングならでは。すべてのパーツは、入念に手仕上げされて美観を放つ。ダイヤル装飾や時打ちの音も含め、時計の隅々にミシェル氏の美意識が行き渡る。

【関連記事】:2021男性リーダーへのプレゼントランキング

ウブロ ビッグ・バン ウニコ インテグラル ブラックセラミックの着用イメージ






 僕はこの決断を非常に好意的に捉えている。ウブロなりの一体型ブレスレットに取り組んだ結果、ケースまでもリデザインして従来のビッグ・バンとは全く別物に仕上げてしまったのだ。厚みは一般的なビッグ・バンの15mm前後から13.45mmへと大幅に薄くなり、圧倒的に装着感は高まった。ウブロが、自社のブランドとしての押し出しを控えめにした結果、時計自体が着けやすくなったとすれば僕は非常に嬉しく思う(皆さんはどうだろうか?)。

 装着感の向上でいうと、ブレスレットがバックルにかけて割と強めにテーパードしているのもひと役買っている。一体型ブレスレットモデルは、文字通りケースに直結するような構造となるためそのままだとすべてのコマが大型になってしまう。そのため、同カテゴリの多くの時計はブレスレットがテーパードしていることが多いのだが、本機は中でもそれが顕著だ。ウブロの新品腕時計体感としては、手首の裏側に触れるブレスの面積がかなり少ないので快適なのと、袖口でもたつくこともない印象だった。

ブレスレットからケースサイド、プッシャーまでの見事な一体感
 さて、つい熱くなってしまったが、ブレスレットの見どころはまだまだある。この出来はかなりの高水準で、ポリッシュとサテンの仕上げ分けが実に見事だ。面積の大きな表面は肌触りも良いサテン仕上げ、角の落とされたエッジ部分はすべてポリッシュと巧みに加工されている。この仕上げが織りなす表情の変化に、僕は正直やられてしまった。しかもこの仕上げが、ブレスレットからケースサイド、角型のプッシャーに至るまで同様に施されていることには脱帽した。

 硬いセラミックにこれほどの仕上げを施すというのは、この15年でウブロが様々な素材開発に費やしてきた時間が可能にしているのだろう。ウブロは、異素材を組み合わせるという発想を突き詰めた先で、新たな素材を自在に仕上げるという境地に達しつつある。ビッグ・バン インテグラルとは、次代のウブロを体現した時計なのである。


ウブロ ビッグ・バン インテグラル オールブラック、ブラックセラミックケース、42mm径、244万円(税抜)、500本限定、100m防水、自動巻きCal.HUB1280(4 Hz ・2万8800振動/時)搭載、パワーリザーブ72時間

いいものしか手にしない大切な人への最高に贅沢なお祝い!

1775年にパリに設立された「Breguet(ブルゲ)」は、高級時計のあらゆる分野で模範と位置づけられる絶対的存在。設立者のアブラアン ルイ ブレゲにより、時計の歴史が200年早まったと言われています。フランス王妃マリーアントワネットの懐中時計を作ったことでも有名。時計史上に燦然と輝く天上ブランドは、今なお世界中の人々を魅力しています。大切な人も思わず息をのむような、一生ものの贈り物になるでしょう。


目標に向い、挑戦を続ける大切な人にピッタリの贈り物

スイスの高級時計「Frederique Constant(レデリック・コンスタント)」の始まりは1904年。デザイン、部品、組み立てまで全て一貫して行う、スイスでも数少ないメーカー。「情熱をもって」をスローガンに、情熱をもって成功に向かう人々のため時計を作っています。伝統的なクラシックラインと、トレンドを取り入れたモダンアートとの融合が魅力となり、デザインでも高い評価を得ています。

アクティブなあなたに贈りたい!スントの腕時計

1、フィッシングやトレッキング、ランニングなどのアクティブな趣味を持っている男性へのプレゼントはスントのメンズ腕時計がおすすめです。
2、創業以来スポーツに役立つ腕時計を作り続けてきたスントは、時計としての機能だけでなく、コンパス、心拍数、GPS、など多機能性に優れています。また、アウトドアフィットネス、トレッキング、ダイビング、さらには冒険家用、それぞれに適した機能が備わった時計があります。
3、機能性だけでなく、普段使いにも適したデザインはアクティブな男性を応援するのに最適です。


【関連記事】:や知識人に愛される本物の腕時計

ページ移動